中国、火星探査機の画像を初めて公開

2020年の打ち上げ目指す

 8月24日、 中国は、2020年半ばごろの打ち上げを目指している火星探査機の画像を初公開した。国営の新華社が23日遅くに報じた。写真は人民日報提供(2016年 ロイター)

[北京 24日 ロイター] - 中国は、2020年半ばごろの打ち上げを目指している火星探査機の画像を初公開した。国営の新華社が23日遅くに報じた。

報道によると、この探査機は重さ200キログラム、6輪走行で4枚の太陽電池パネルから電力供給を受ける。約7カ月かけて火星に到着し、北半球に着陸。3カ月にわたって調査を行う予定。遠隔測定カメラと地中探知レーダーなど13種の観測機器を搭載するという。

中国は2003年に初の有人宇宙飛行を成功させるなど、宇宙開発に力を入れている。次回の有人宇宙飛行を10月に計画しているほか、2036年までの有人飛行船による月面着陸を目指している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT