中国、火星探査機の画像を初めて公開

2020年の打ち上げ目指す

 8月24日、 中国は、2020年半ばごろの打ち上げを目指している火星探査機の画像を初公開した。国営の新華社が23日遅くに報じた。写真は人民日報提供(2016年 ロイター)

[北京 24日 ロイター] - 中国は、2020年半ばごろの打ち上げを目指している火星探査機の画像を初公開した。国営の新華社が23日遅くに報じた。

報道によると、この探査機は重さ200キログラム、6輪走行で4枚の太陽電池パネルから電力供給を受ける。約7カ月かけて火星に到着し、北半球に着陸。3カ月にわたって調査を行う予定。遠隔測定カメラと地中探知レーダーなど13種の観測機器を搭載するという。

中国は2003年に初の有人宇宙飛行を成功させるなど、宇宙開発に力を入れている。次回の有人宇宙飛行を10月に計画しているほか、2036年までの有人飛行船による月面着陸を目指している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。