V字回復のフラガール、「八重の桜」とコラボ

新型石炭火力IGCC稼働も追い風

春休みは卒業旅行など活況、宿泊者数が最高に

春休みシーズンに入ってからは、「卒業旅行などを含む学生のグループ旅行が、震災前に比べても増えている」(常磐興産)という。「首都圏からの無料バスも運行しており、平日なら1人1万円もあれば1泊2食付きで泊まれるコストパフォーマンスのよさが、若い男女に受けている」と会社側では説明する。

このため単月で見た場合、宿泊客は1966年の「常磐ハワイアンセンター」(スパリゾートハワイアンズの前身)開業以来、3月としては過去最高を更新する可能性が高い。

こうした足元の情勢を受けて、会社側は3月上旬、今期の利用者数見通しを日帰り客139万人、宿泊客38万人に再度引き上げた。

常磐興産の斎藤一彦社長は、年初の常磐グループ新年祝賀会で、「来期(14年3月期)は150万人を目指す」と宣言。これが実現すれば、東日本大震災後の11年11月に発表した「新中期経営計画」で掲げた16年3月期の年間日帰り客155万人の目標を、2年前倒しでほぼ達成することになる。

「八重の桜」会津とのコラボが本格化

スパリゾートハワイアンズの来14年3月期は、今期のような被災地企業支援の動きに乗った団体客の集客は、さすがに一服する可能性がある。

ただ、震災前から続いていたホテル設備の新設・修繕等が、昨年末でようやくすべて一巡。宿泊客のキャパシティが、震災前の1日1500人規模から、同2000人規模へと大幅に拡大されたことが、来期は通年で寄与してくる。

放映中のNHK大河ドラマ「八重の桜」効果で、舞台となった会津地方を中心に、福島県内への観光需要がようやく底打ち傾向にあることも、プラス材料だ。

次ページ原発停止で火力向け石炭活況
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。