エイベックスがダメ会社にならない道がある

松浦社長「ギリギリを攻めていきたい」

山田:音楽から離れたところであれば、もっと自由に動けるかもしれません。絵画などの美術はどう思われますか。今、実は静かな美術ブームが起きている。4~5月には東京都美術館で伊藤若冲展がものすごく多くの人数を集めました。

松浦:イベントスペースを確保し、海外から持ってくるという契約をすればいいわけですね。うちでも似たようなことをやっていますから、できなくはない。全然考えていなかったですけど。

山田:海外だけではなくて意外に日本には世界的に人気のある作品が多い。伊藤若冲だって日本のものですから。普段は宮内庁の美術館に入っているものを交渉して出してくればいいんです。

松浦:でも知識が必要ですね。

山田:学芸員を雇えば大丈夫です。もっと今の時代にあった美術の見せ方をできるはずなのに、相変わらず9時30分開館、17時30分閉館みたいな世界ですから、不満に思っている学芸員は多いはずです。当たり前を壊してギリギリを攻める、ということではぜひ美術もやってください。

松浦:2020年に売り上げ2500億円を達成するためにはライブ関係への期待が大きいんですが、ここは音楽だけじゃない。博物館とか美術館というのは、おもしろいかもしれない。

2500億円は背伸びをした目標

山田:そもそも「2500億円」は余裕で達成できる目標ですか、それともストレッチ(背伸び)した無理な目標ですか。

松浦:かなりストレッチしています。ストレッチしていますけど、無理ってことではない。達成の可能性があるところにストレッチしています。

六つ子に萌える女性が続出した『おそ松さん』©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

山田:要するに、成長できるんだということですよね。「成熟産業だから」なんて言い訳をするなよ、と。

松浦:実際、アニメ、デジタル、ライブといった事業領域は伸びており、音楽パッケージのマイナスを引いてもプラスになる。そこの頭を早く切り替えないといけない。

山田:ライブだけでなく、デジタルという点でも、エイベックスが手を付けていないエンタメは多い。

今の世の中の主役はスマホ、そしてスマホの王者は音楽ではなくゲームです。若い人たちはゲームにものすごい時間を使っている。エイベックスも『おそ松さん』のゲームアプリをやっていますが、ゲームにはどう取り組みますか。

松浦:当然考えますけど、そんなに簡単なものではないだろうという思いがあります。

山田:他社と組みながらやればいいのでは?

次ページ組んでやるのはいいけれども…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT