エイベックスがダメ会社にならない道がある

松浦社長「ギリギリを攻めていきたい」

松浦:組んでやるのはいいですが、丸投げはダメです。結局、自社でシステムも作れないと駄目なんです。外注で済むレベルのものは別にいいんですけど、重要な部分は中で作っていく必要がある。その大事さっていうのが、AWAをやってみてわかった。エンジニアが細かい事まで本当に毎日直していく、外注を使っていると毎日直すっていう発想はないですから。

AWAで感じたのは、そのサービスに愛を持っていないとできないってことです。したがって自社のエンジニアを育成していくことは重要です。外から引っ張ってくるだけでは無理です。音楽の事もよく分かっているようなエンジニアを育てていきたい。そのためには、教育するしかないんです。その教育はもう始めています。

山田:『ポケモンGO』ってゲームじゃないといえばゲームじゃないですよね。要するにスタンプラリーのようなものです。これからはゲーム的なものって重要になると思うんです。そこはエイベックスが得意な部分かもしれない。

松浦:かつてリズムもののゲームってあったじゃないですか。自分たちでやればよかったよね、というものもたくさんある。儲かっているからやる、今ごろになってやるというのは正直言って嫌なんですが、『ポケモンGO』が一発出るとあんなになるんですよ。やっぱり無視できない魅力はありますよね。

山田:2500億円という目標を達成するうえで、おカネを消費者からもらうのではなく、企業からもらう、という広告系のビジネスはどう考えていますか。

広告ビジネスによる収入は重要

松浦:それも考えています。昔からCDジャケットを広告スペースにして売るとか、そういうことをやってきましたから。でも配信している音楽の間に広告を挟むというのはどうかなあ。Spotify(スポティファイ)には音声で広告が入っていますが、英語だといいんですが日本語だとどうなんだろうとか。ただ映像の場合はできますよね。

「きちんとおカネが入ってくる仕組みがなければ、音楽は全部、素人がさっと作ってYouTubeにあげればいいというものになってしまう」(撮影:今井 康一)

広告ビジネスということでは、細かくやるのではなく、アーティストを丸ごと飲料メーカーなどにスポンサーしてもらう、といった形のほうがいいかもしれない。結局この業界は、スポンサーって重要じゃないですか。伝統芸能をみればわかりますが、支えてくれる人がいなければ継続できない。音楽にもそんな危機が訪れている。ですから、そこはスポンサーの仕組みが重要になると思います。

きちんとおカネが入ってくる仕組みがなければ、音楽は全部、素人がさっと作ってYouTubeにあげればいいというものになってしまう。収入が少ないのでプロの作詞家とか作曲家になりたい人は減っていき、みんなゲーム作りたいってなる。そうなると才能が枯渇して、音楽をちゃんと作る人がいなくなるのではないかという心配もしています。

山田:「量は質に転化する」という言葉がありますが、お客さんがいっぱい集まればおカネが動くので、結果的に質がよくなるようにも思います。例えば、アマゾンがビデオをやった当初、「たいしたことはできないだろう」という見方が多かったですが、視聴者がいておカネがあると、そこにアーティストが集まってくる。結果としてオリジナル番組の質がかなり高くなっています。

松浦:あとはそれが継続できるかっていうところでしょう。一発ドーンっていうのはあるかもしれませんが、続けていくことが重要なんです。

しかし、アマゾンのような会社も、いずれは継続させるための仕組みづくりにも力を入れ始めるでしょう。そうなると、そうした会社においしいところを握られてしまう。そうならないためにも、エイベックスは大きく変わらなければいけないと思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT