(第11回)創意工夫を武器に逆風の採用環境に挑む【ジェーシービー】

--今後、新たにチャレンジしてみたいことは

 この09年度の、採用活動でコミットしていることを達成したうえで、中長期的なスパンでの採用ブランディングを行いたいですね。就職期に初めてJCBについて知っていただくのではなく、小中高生といった早い段階からJCBと接する機会を増やすような活動にチャレンジしたい。私たちの会社は人材が生命線ですから、それくらい中長期的な取り組みが差別化のために必要だと思っています。
 そして、その実現のためには私たち採用スタッフの社内的な存在感をさらに上げなければいけないと思っています。採用スタッフが一丸となって、積極的に新しい企画を立案し、実践と効果検証を繰り返しながら、JCBの魅力をお伝えしていきたいと考えています。

--久保寺さんにとって採用の仕事とは

 学生の人生を左右する、とても責任が重い仕事です。会社にとっても人は財産、それ故に非常に大事な仕事を任せてもらっていると自負しています。学生も私たちも嘘はご法度、互いに理解してこそ、仕事に価値が生まれるのだと思っています。周りから見れば、毎年、同じようなこと繰り返しているように映るかもしれませんが、新卒採用は答えがない難しい仕事。でも、そこが一番面白いところですけどね。

【このひとにお話をおうかがいしました】
久保寺晋也(くぼでら・しんや)
株式会社ジェーシービー 人事部 人材開発グループマネージャー

1994入社4月入社
入社後に配属された調査部に3年間勤務した後、営業本部ダイレクトマーケティング室に4年半在籍。その後、大手企業グループとのプロジェクトメンバーに選ばれ、1年半にわたりプロジェクトを推進。
人事部には2003年4月に異動。およそ1年間、新人事制度実施後の評価制度、異動、教育・研修を軌道にのせるための人事業務全般に携わる。2003年4月より現職。

業界を取り巻く逆風を予測し、2009年度に新たに仕込んだ施策「JCB方式のコラボ・インターン」を2010年度はさらにパートナー企業を増やしたいと語る。社内の採用スタッフには「学生の集客とコンテンツづくりは採用の原理・原則。脳みそに汗をかかせて知恵を搾り出してほしい」と発破をかける。中学や高校への出前授業、キッザニア東京へのスポンサードの実現といった話題性のある取り組みだけにとどまらず、真夏には大学へこまめな訪問を繰り返す。「何かあったら、キャリアセンターから一番に声がかかる関係でありたい」。業界のイメージ向上と並行して大学対策にも汗をかくのがモットーだ。

【会社/採用データ】
本社所在地: 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
代表者:�倉民夫 (たかくら たみお)
資本金:106億1,610万円(2007年3月末日現在)
売上:(年間取扱高)7兆1,251億円(2007年3月末日現在)
従業員数:2,755名(2007年3月末日現在)

■新卒採用
2008年4月入社(実績) 135名
2007年4月入社(実績) 288名
2006年4月入社(実績) 190名
※撮影 引地信彦
採用プロドットコム株式会社
(本社:東京千代田区、代表取締役:寺澤康介)
採用担当者のための専門サイト「採用プロ.com」を運営。新卒、中途、派遣、アルバイトなどの採用活動に役立つニュース、情報、ノウハウを提供している。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。