8月26日以降、日本株は波乱の可能性がある

「マーケットの夏休み」は、そろそろ終わりだ

日米の市場は「夏休み」状態。だがそろそろ終了のようだ。では、何かをきっかけに市場は荒れるのだろうか(写真:まちゃー/PIXTA)

市場の「ボラティリティ低下」は最終局面に

日本企業の決算発表(3月期本決算の企業中心)が、ほぼ終わった。このあとは9月までは日米ともに金融政策の変更がない「空白期間」に入って来たこともあり、金融市場は膠着相場になってきた。

膠着相場に入ったことによって、金融市場のボラティリティ(価格変動の度合い)リスクは世界的に低下してきている。

ボラティリティの低下が最も顕著なのはNY株式市場だ。NYダウのボラティリティは1週間以上5%台と、時系列でみても最低水準まで低下してきている(過去5年平均は13.3%、最低は3.3%)。

こうした動きを反映して世界先進国株価指数(MSCI WORLD)のボラティリティも5%台へ、新興国株価指数(MSCI Emerging Markets)のそれも9%前後まで低下してきている。

だが、どんなに市場が落ち着いたとしても、リスク資産である株式市場の価格変動リスクが「ゼロパーセント」になることはない。従って、常識的にはこの先金融市場のボラティリティは上昇に転じる確率の方が高いといえる。

次ページでは何をきっかけに市場に変動が起きるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT