人口が1.5倍に増えた福島・相馬の2年 低放射線量で他地域から移住者が相次ぐ

拡大
縮小

3)相馬市の北隣にある新地町。いまだ一部では補修工事が行われている国道6号線を北上。途中、新地町駅への案内表記のあるところを右に曲がる。震災後は、すぐに津波のあとがはっきりわかる光景が広がっていた。この地点で海岸からは2キロ以上はある。当時は津波の威力で、ほとんどきれいに押し流されていた。現在は、がれきは取り除かれ、新しい土で一部盛り土されている。

4)相馬市の原釜地区から近い漁港や市場があった松川浦。震災前は、潮干狩りでも有名だった。ここにある松川浦大橋は、震災のときも流されずに残ったが、この周辺や魚市場周辺の商店街は壊滅的な被害を受けた。現在はほんのわずか数軒の商店が再開している程度。かつての賑わいはない。漁に出られない漁船が何十席も岸壁につながれていた。

次ページ沿海部は寂しい風景が広がっていた
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT