国と東電を提訴、住民1650人が決起

過去最大規模の原発被害訴訟

過去最大規模の原発被害訴訟

3月11日には、いわき支部のほか、福島地裁や東京地裁、千葉地裁でも国や東電を相手取った損害賠償請求訴訟が申し立てられた。4つの訴訟を支援する

東京でも、いわき市からの避難者が訴えを起こした

「3.11公害弁護団全国連絡会議」によれば、原告は1650人、請求総額は53億6000万円余りにのぼる。原発事故に関する訴訟の規模としては、過去までにないものだ。

このうち、東京地裁に訴えを起こしたのは、4歳から68歳に及ぶ3世帯の8人。全員がいわき市からの避難者で、現在は東京都内で生活している。原告の一人である鴨下祐也さん(44)は、大地震と原発事故が起きた11年3月11日の深夜に自家用車での避難を決意。子どもにはおもちゃ3つを持たせただけで東京に向かった。「すぐに戻ってこられる」と思っていたからだ。

ところが、避難生活は予想を超えて長期化する。鴨下さんは妻子を東京に避難させたまま、自身はいわきに戻って仕事を続ける「二重生活」を選択したが、いわきに戻る途中の高速道路で生まれて初めて交通事故を引き起こし、車を大破させてしまった。

また、長引く二重生活のストレスや職場の混乱で体調を崩し、いわきでの仕事を辞めざるを得なくなった。現在は都内の公営住宅で家族とともに暮らしているが、仕事も不安定なうえ、来年7月末の入居期限も近づいている。

次ページ放射能への不安と背中あわせの日常が続く
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT