国と東電を提訴、住民1650人が決起

過去最大規模の原発被害訴訟

不安消えぬ母親たち

「子どもを放射能から守るママの会」の発起人となった菅波さんは、その後1カ月で8768筆の署名を集めて市役所に提出。放射線量の測定やガラスバッジの配布など5項目にのぼる要求を実現させた。しかし、目に見えない放射性物質に不安は尽きず、「子どもが熱が出した、ノドが痛いというだけでびくびくする」という。

今回のいわき訴訟で原告は、損害賠償だけでなく、国と東電による新たな政策の実行を求めている。その一つが、子どもが健康を維持し、万一病気にかかった場合でも安心して治療に専念できるための公的な支援策だ。

「いわき市には原発事故直後に高い濃度の放射性ヨウ素が拡散した可能性が高いことを、子どもを持つ母親たちは知っている」と伊東さんは指摘する。「だからこそ、子どもの甲状腺被ばくを心配する母親の思いには根拠がある。『原発事故による甲状腺がん発症は考えられない』ことを前提とした現在の県民健康管理調査では信頼は得られない」(伊東さん)。

訴訟では、SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)の予測データ公表の遅れなど原発事故後の国の不作為についても、厳しく問いただしていくという。その道のりは平坦ではないが、国や東電は法廷で説明責任を問われることになる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT