プロが辛口評価!「激安ロボ掃除機」の限界

集じん・メンテ・走行性能など4点を徹底検証

今回検証したのはこちらのAnker RoboVac 10。Amazon価格は2万5110円

ロボット掃除機といえば、5万円以上が当たり前という現在。そんななか、Amazonで何と約2万5000円という激安のロボット掃除機が登場しました。その性能は「安かろう、悪かろう」「安物買いの銭失い」なのか? それとも、価格以上の性能があるのか?

その本当の価値を知るべく、最新ロボット掃除機に詳しい家電のプロ、戸井田園子さんに実際に使ってもらうことに。集じん性能、走行性能、操作性、メンテナンス性の4項目を、5点満点で評価してもらいました。

細かいホコリや重いゴミは苦手?

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

■Anker RoboVac 10Amazon価格:2万5110円

米国のメーカーによるロボット掃除機。お部屋に合わせて3つの清掃モード(自動モード、スポットモード、エッジモード)を選択可能。段差は15mmまで乗り越えることができるので、カーペットの上や隣の部屋の敷居をまたいで家中が掃除できます。2600mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、約100分間の連続使用が可能です。

Checkその1 集じん性能 3.5/5点

集めたゴミの種類を見ると、大きなホコリ(綿ぼこりや犬の抜け毛)はそこそこ集めていましたが、細かなホコリ(砂ホコリ)や重いゴミ(砂利系)は少なめ。

次ページほかにも、アレコレ気になる点が…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。