プロが辛口評価!「激安ロボ掃除機」の限界

集じん・メンテ・走行性能など4点を徹底検証

今回検証したのはこちらのAnker RoboVac 10。Amazon価格は2万5110円

ロボット掃除機といえば、5万円以上が当たり前という現在。そんななか、Amazonで何と約2万5000円という激安のロボット掃除機が登場しました。その性能は「安かろう、悪かろう」「安物買いの銭失い」なのか? それとも、価格以上の性能があるのか?

その本当の価値を知るべく、最新ロボット掃除機に詳しい家電のプロ、戸井田園子さんに実際に使ってもらうことに。集じん性能、走行性能、操作性、メンテナンス性の4項目を、5点満点で評価してもらいました。

細かいホコリや重いゴミは苦手?

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

■Anker RoboVac 10Amazon価格:2万5110円

米国のメーカーによるロボット掃除機。お部屋に合わせて3つの清掃モード(自動モード、スポットモード、エッジモード)を選択可能。段差は15mmまで乗り越えることができるので、カーペットの上や隣の部屋の敷居をまたいで家中が掃除できます。2600mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、約100分間の連続使用が可能です。

Checkその1 集じん性能 3.5/5点

集めたゴミの種類を見ると、大きなホコリ(綿ぼこりや犬の抜け毛)はそこそこ集めていましたが、細かなホコリ(砂ホコリ)や重いゴミ(砂利系)は少なめ。

次ページほかにも、アレコレ気になる点が…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT