プロが辛口評価!「激安ロボ掃除機」の限界

集じん・メンテ・走行性能など4点を徹底検証

Checkその4 メンテナンス性 3/5点

ロールブラシの毛がらみ

ダストボックスは横から取り出すタイプ。先述したように、入り口にホコリが溜まるため、引き出すと同時に集めたホコリが出てきてしまいました。ダストボックスにキチンとホコリが収まっていれば、ゴミ捨ては問題ないのですが……。

また、吸い込み口のロールブラシに結構な毛絡みが……。一回の掃除でこの状態だと、毎回手入れをする必要があり、メンテナンスは大変です。ダストボックスまでホコリが行かないことも含めると、吸引力に難があるのかもしれません。

フィルター部分は結構ホコリが溜まっていたので、定期的なメンテナンスは必要なようです。取り外しはしやすい点は評価できますね。

賢さはない「体育会系」、でもコスパは高い製品

総合評価 3.5/5点

犬の抜け毛があるという固有の事情によるのかもしれませんが、ダストボックスにゴミが収まるかどうかだけが懸念事項。ダストボックスにゴミが収まっていない場合だと、ゴミ捨ての際にゴミを吐き出してしまうので、そこには要注意です。砂ぼこりなど、細かいゴミがメインの掃除なら問題ないでしょう。

総じて一定の掃除力はあるので、価格を考えるとコスパはとても高い製品です。本機は、延々と掃除をし続けて成果を出す、いわば「体育会系」。ホコリがなくなったら掃除をやめる、汚れ具合に応じて吸引パワーを変えるなど、効率や賢さを求めなければ十分満足できるレベルです。

使う前は、「ロボット掃除機の評判を下げる低価格品かも……」と猜疑心を持っていましたが、使ってみると、様々な状況をクリアしてしっかり走行してくれたのは驚きました。ダストボックスまでの集じん経路など改良の余地こそあれ、この価格では期待以上の働きをしてくれました。圧倒的な安さを考えると、総合評価は4点にしてもいいのかもしれませんね。

GetNavi webの関連記事
床をたたいて掃除!?中国発のロボット掃除機「inxni」は日本に通用するのか?
どんな床にも余裕で対応! 世渡り上手なロボット掃除機RULOなら留守中も安心!
ダイソンの新スティック掃除機「Dyson V8 Fluffy」に感動! 実際どうなの?

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。