”軍事予算獲得”にひた走る、中国人民解放軍

尖閣「レーザー照射事件」の裏にあった意外な事実

日中「交流」がそれなりにあった時代も(海上自衛隊舞鶴基地を訪問した中国人民解放軍訪日団、2011年、日本雑誌協会代表撮影)

中国が3月5日発表した2013年の軍事予算は、前年実績比10.7%増の7406億元となり、すでに米国に次ぐ軍事大国となっている。予算規模はこの10年間で約3.9倍となり、日本やフィリピン、ベトナムなどASEANの一角を含めた周辺諸国に脅威を与え始めている。

また、中国の軍事予算は透明度が低いことでも有名。海外調達分や兵器開発費などが、予算に盛り込まれておらず、実際は公表された数値をはるかに上回るとみられている。海外の国々にとれば、中国が目的のはっきりしない性急な軍事大国化を進めているように見える。しかし、2014年以降の中国は、これまでとは異なり、明確な態度で軍事予算を拡大してくると思われる。

解放軍は、高度成長の中で冷や飯を食っていた!?

中国からすれば「過去10年の間、軍事費だけを急膨張させたわけではない」というのも事実ではある。2001年から2011年にかけて中国の実質GDPは、ほぼ10%成長を維持していた。インフレを含む名目GDPベースでは13~15%の成長であったため、中国の経済規模は、10年ほどで約3倍超になったのである。

したがって、中国が主張する「軍事費は対GDP比率ではほぼ横ばいで推移してきた」との論法はあながちウソではなかったわけだ。さらに、中国では国有企業が羽振りを利かせ、民間企業のシェアを奪う「国進民退」が進行。徴税強化と相まって国家の財政収支は同時期に15~20%近い伸びを持続して、空前の黒字を計上し続けた。そのため、軍関係者のなかでは、解放軍や関連ビジネスはむしろ冷や飯を食わされている、と言う意識すらあったと伝えられる。

次ページ解放軍の被害者意識がどう出るか…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT