習近平政権は利上げに踏み切るのか

大都市で住宅価格が上昇、強まるインフレ懸念

2月20日、温家宝首相が任期最後となる国務院常務会議を開催した。温家宝首相第2期目の初回の常務会議は2008年3月19日。それ以来、611もの議題が討論されたというが、最後のテーマとして選ばれたのが、住宅価格問題であった。

地域ごとに行政的手段で投機抑制を図るが…

2012年半ばに利下げの一環として住宅ローン金利が引き下げられたのを契機に、住宅価格の上昇に広がりがみられるようになってきている。2月22日に発表された1月の新築住宅価格統計をみると、主要70都市のうち、価格が前月比で上昇した都市の数は53となった。

とりわけ「一線都市」と呼ばれる深セン、北京、広州、上海では、それぞれ前月比2.2%、2.1%、2.0%、1.3%の上昇である。大都市の価格の上昇ペースが速かったことがわかる(グラフ)。それが中国政府の警戒感を惹起し、国務院常務会議の議題に据えられたとみられる。

国務院常務会議では、住宅価格の安定維持という原則に照らして、直轄市や政令指定都市、省都都市に新築商業性住宅価格の抑制目標を制定させ、目標を守れなかった場合には責任を問うこととなった。

また、投機的な住宅購入を断固として抑制するとの方針が確認された。たとえば、すでに商業性住宅の購入制限措置が導入されている都市では、その運用の厳格化が示達された。これまで制限の対象外だった都市でも、住宅価格の上昇が速すぎる場合には、省政府が新たに住宅購入規制を加えることになった。

次ページ中国の住宅政策とは・・・
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT