あの「熱海」に再び観光客が集まっている理由

宿泊客数は2011年を底にV字回復

全員に反対されながら始めたカフェRoCAはいまや、熱海でも人気の場所に

それが形となって表れたのが、RoCAだ。当初、ここでカフェを始めると言い出したときには、商店街の人たちが一斉に「ここに人が来るわけない」と猛反対。資金的な問題もあった。40坪もある場所でカフェを開くとなると、通常は最低でも1000万円程度の資金が必要になるが、当時に市来氏は自己資金ゼロ。なんとか親戚や銀行から600万円を調達したが、改装に充てられたのは350万円。そこで、什器や家具などはマンションのモデルルームなどからのもらいもので済ませ、多くの作業は自分たちでこなした。だからよく見ると店内のテーブルはなぜか収納家具の扉だったりする。

マルヤの再生には200人が出資

2012年のカフェオープン後も経営的には苦労続きだったが、市来氏は熱海に人を呼ぶべく、次々とイベントを開催。続けているうちに、別荘族と地元の人たちに交流が生まれ、移り住んでくる人たちもちらほら出始めた。開店から1年半後には、前述の「あたみマルシェ」を始めたほか、2015年にはゲストハウスのマルヤを始め、月1回「空き家ツアー」をスタート。2016年には、1959年に建てられて以来、一度も使われたことのなかったビルの2階をリノベーションし、コワーキングスペース「naedoco」を開始した。

この矢継ぎ早ともいえる、新事業は建築やリノベーション、街づくりなどに関心がある人たちに「熱海が変わり始めている」という強い印象を与えた。そのためか、ゲストハウスマルヤの再生ではクラウドファンディングを通じて200人近くが資金を投じ、実際のリノベーションには70人以上が参加した。情報を発信し続けたことで人手が着々と増え、カフェやゲストハウスの経営も軌道に乗り始めた。

立て続けに事業をスタートできたのには、ほかにも要因がある。熱海市の財政事情の好転だ。熱海市では2006年9月に現職の齊藤栄氏がわずか62票という僅差で市長となったが、この時点の熱海市財政はいつ「第2の夕張」になってもおかしくない状況だった。連結財政赤字比率(一般会計収入の標準額に対する、公営事業を含んだ全会計の赤字額の割合を示す)は30%超と、全国ワースト6位だったのである。

齊藤氏は当選後すぐに5年間と期限を切って財政改革を掲げ、市役所の人員整理なども含む人件費カットや公共料金の見直し、緊急性のない大型事業の凍結などコスト削減を断行。結果、熱海市の財政調整基金残高は5年間で17.4億円増加、不良債務残高は逆に約24.1億円減少しており、V字回復を果たしたといえる。

次ページ財政再建と同時に進んだのは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。