三ヶ日vs蒲郡、新幹線沿いの「みかんPR合戦」

昔は柿バトルも!三河の車窓は果物の激戦場

奥浜名湖を望む南向きの斜面で日照時間が長く、降水量も全国平均程度。土壌は、赤石山脈から続く水はけのよい赤土。三ヶ日には、みかん栽培に最適な環境が揃っていた。やや大ぶりで糖度の高い「青島」と呼ばれる品種を中心に栽培している。

まだ皮が青いうちに収穫し、強制的に風を当てて果実の水分を約5%減らすことで、長期間鮮度を保つという、「予措(よそ)」という貯蔵技術を使っている。いわば、みかんの「活け締め」だ。

年間出荷量は平均3万6000トンほど。恵まれた自然環境を活かした露地栽培がほとんどで、温室を使ったハウスみかんはわずか10トン程度に過ぎない。

蒲郡は最新技術で年中出荷

画像を拡大
山の斜面にみかんのビニールハウスが並ぶ蒲郡市神ノ郷地区。三河湾周辺ではほかにも桃、梨、ぶどう、メロンなど果物の栽培が盛んだ

一方の蒲郡みかんは、今から約200年前、19世紀に愛知県幡豆(はず)郡(現在の西尾市)から「唐みかん」が移入されたのがルーツ。こちらは、三ヶ日みかんとは逆に、温室を活用したハウスみかんが有名だ。年間出荷量は8500トンほどで、そのうちの約1400トンがハウスみかんだ。

蒲郡で温室みかんの栽培が始まったのは1973年。当時みかんの価格が暴落したために、市内9軒の農家が、全国の先駆けとなる形で試験的に温室栽培を開始した。1990年には、地面を冷やしてみかんに「冬が来た」と思わせて花を咲かせる地温冷却栽培がスタート。5月上旬という、それまでは考えられなかった時期の出荷を実現し、全国を驚かせた。

現在は、品種を「宮川早生(みやがわわせ)」に統一。高い糖度と程よい酸味、極めて薄い袋で食べやすいと人気がある。

恵まれた自然環境を活かし、静岡みかんのトップブランドを守る三ヶ日みかんと、最新技術に挑戦し、年間を通じて高品質なみかんを出荷する蒲郡みかん。地理的にはお隣同士ながら、全く性格の異なる2つのブランドは、毎日新幹線の乗客にメッセージを送り続けている。

次ページかつては「柿戦争」もあった!
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT