三ヶ日vs蒲郡、新幹線沿いの「みかんPR合戦」

昔は柿バトルも!三河の車窓は果物の激戦場

さて、蒲郡を抜けると、列車は2198mの坂野坂トンネルを通過し、右にカーブしながら東海道本線をまたぐ。E席側に見える駅は幸田(こうだ)駅だ。

画像を拡大
幸田駅をまたいですぐ現れるJAあいち三河の建物。いちごと筆柿のオブジェは最近塗り替えられた

その先に、またフルーツが大きく描かれた倉庫が見えてくる。JAあいち三河の幸田営農センターだ。壁面に描かれているのはいちごと柿。よく見れば、単に壁に描かれているのではなく、立体的なオブジェを壁に貼り付けている。

細長い柿は、額田郡名産の筆柿だ。通常の柿よりも細長く、筆のように見えることからこの名前がついた。かつては“珍しい宝の柿”を意味する名前で呼ばれていたが、全国出荷するにあたって、諸般の事情により今の名前になったようだ。

江戸時代から農家の庭先などで作られていたが、全国に出荷されるようになったのは昭和40年代になってから。甘柿の中に1割程度渋柿が混ざる「不完全甘柿」で、当初は人間の「勘」で、現在は特殊な機械を使って選別している。

画像を拡大
2010年まで坂野坂トンネルを出たところにあった、柿の看板。愛知県内は野立て看板が多い

ところで、以前は、このすぐ手前に、全国2位の出荷量を誇る関西地方の柿をアピールする看板があった。列車がまさに筆柿の里に入ろうとする時に、まるで先制パンチを浴びせるような看板。

「みかん戦争」と並ぶ「柿戦争」として、ごく一部で話題になっていたが、2010年頃に撤去されてしまった。当時看板を出していた農業団体によれば、広告代理店の勧めで場所を選んだところ、たまたま筆柿の産地になってしまったそうである。

車窓から見える看板ひとつとっても、調べてみると何かしら興味深いものだ。

東海道新幹線最長の直線はここだ

さて、列車は幸田駅を跨いだ地点から三河安城駅付近まで、東海道新幹線で最長となる16kmの直線区間に入る。豊橋手前の新所原から蒲郡付近までと、名古屋手前の大高駅付近にそれぞれ「弾丸列車計画」時代に買収した土地があり、この2つをどう結ぶかがポイントだった。

当初の計画では、幸田駅を跨いだところからもう少し南側を通り、刈谷駅付近を通ってまっすぐ大高につなぐはずだった。しかし、刈谷駅西側にできた跨線橋にぶつかってしまうことや、刈谷駅周辺に工場がたくさんできていたことからこのルートを断念。代替案の中から、地盤の問題が少なかった現在のルートが採用された。

もし、当初の計画通り刈谷経由のルートだったら三河安城駅は存在しておらず、下り「のぞみ」の「列車はただ今定刻に三河安城駅を通過いたしました」というお馴染みの車内放送もなかったわけだ。代わりに、刈谷駅に新幹線の駅が設置されていたかもしれない。

そして、最長直線区間も、より長い20km程度になっていたはずである。

「のぞみ」は最長直線区間を約4分で通過。一方、「こだま」は三河安城駅に停車する。

(写真はすべて筆者撮影)

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。