三ヶ日vs蒲郡、新幹線沿いの「みかんPR合戦」

昔は柿バトルも!三河の車窓は果物の激戦場

豊川市内にある三ヶ日みかんの看板。キャラクターは1979年から三ヶ日みかんのシンボルとなっている「ミカちゃん」だ

東海道新幹線で豊橋から三河安城へ。A席側に間もなく三河湾が見えてくる頃、E席側では車窓から静かな「闘い」が見られる。

豊川、豊川放水路、佐奈川と渡った先に現れる、ちょっと古風な女の子が描かれた大型の看板。静岡県の名産、三ヶ日(みっかび)みかんの野立て看板だ。県外の人にもブランドを知ってもらおうと、1999年以来17年にわたって、新幹線の乗客に向けてアピールを続けている。

三ヶ日みかんの看板を過ぎて約2~3分後。蒲郡の市街地を抜けたところで、再びE席側に「みかん」の看板が登場する。周囲には無数のビニールハウス。こちらは、愛知県蒲郡市神ノ郷地区。蒲郡市最大の農産物である、蒲郡みかんの産地だ。

みかんの2大ブランドが車窓に

この連載の記事一覧はこちら

静岡県三ヶ日と、愛知県蒲郡。2つのブランドみかんが、新幹線の車窓を舞台に静かなアピール合戦を繰り広げている。

三ヶ日みかんの里・三ヶ日町は、浜松市北区にある。浜名湖の北側で、約300年前からみかん栽培が行われているという。江戸時代中期の享保年間に、山田弥右衛門という人物が、紀州那智地方から紀州みかんの苗木を持ち帰り、庭に植えたのが始まりだ。江戸時代末期には三河地方から温州(うんしゅう)みかんが入り、種がなく味が良いことなどから広まった。

次ページ環境に恵まれた三ヶ日みかん
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT