「青春18きっぷ」ポスター制作の壮絶舞台裏

野犬にも追い掛けられ、ロケ地探しに一苦労

2001年春ポスターの舞台は日田彦山線・大鶴駅。ホームの向こうに製材所が見える。これが見えないように撮るのが一苦労だった

下灘駅は2000年冬のポスターでも使われた。大きな空の下にぽつりと駅のホームがあるという構図は、当時「どうやって撮ったんだ」と話題になった。現地で同じような写真を撮ろうと思っても、駅前に山が迫っていてカメラを引いて撮るスペースがないのだ。かといって広角レンズで撮ると歪んでしまい、静かで広い感じが出ない。種明かしをするとこのポスターは3枚の写真の合成なのだ。

2001年春の日田彦山線・大鶴駅も下灘駅同様に空が大きく映っており、しかも駅の反対側にある製材所が映っていない。同じ構図で撮るのは不可能に思える。しかし、CGは使っていない。「ローアングルで撮れば製材所は映らない」(長根さん)。農家の人にお願いして、畑を掘らせてもらって、三脚とカメラマンが穴の中に入ってカメラだけを地上に出して、狙い通りの写真を撮ることができたという。

菜の花の”開花”は大変だった

青春18きっぷの歴代ポスターが展示された会場には歴代最高となる5557人が来場した(撮影:込山富秀)

季節感たっぷりの青春18きっぷのポスターだが、実はポスターの撮影は数カ月前に行なわれている。春のポスターだったら冬に撮影されるのだ。季節を先取りしての撮影に苦労が絶えないのは言うまでもない。

1999年春のポスターは九大本線・野矢〜由布院間。ポスターの端に菜の花が咲いているが、九州で菜の花が開花するのは4月上旬。撮影時期は冬なので菜の花が咲いているはずはない。そこで、千葉県の青果市場で食用のまだつぼみの菜の花を段ボール4、5箱分買い込んでロケ地に持ち込んだ。「部屋の暖房をガンガンたいて、2~3日かけて開花させたものを1本1本茶畑に植えて撮影しました」(長根さん)。撮影が終わった菜の花は撮影に協力してくれた農家に進呈。ずいぶん喜ばれたそうだ。

2008年夏は室蘭本線有珠〜長和間。水が張られた水田は水鏡のように青い空を映し出す。ところが撮影時期にはなかなか水が張られなかった。そこで仕方なく水がない状態で撮影。JRからOKは得られ、ロケは終わって撮影部隊も東京に引き上げた。しかし、長根さんだけがその後も1週間粘った。「水が張られていないとダメだという変な使命感から、締め切りギリギリまで粘ったら、最後の最後に水が入って晴れてくれました」。印刷の製版をやり直すためには本当にギリギリのタイミング。航空便では間に合わず、長根さんがトイレ休憩もせず車を飛ばして納品した。「さすがにそのあとは寝込んでしまいました」(長根さん)。

最新のポスターは肥薩線・真幸駅。コピーは「こののどかさこそ、真の幸せなのかもしれません」。でも“のどかな”ポスターの舞台裏では、やっぱりスタッフたちが奮闘努力していたのかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT