国内最大の「バス天国」、福岡の超快適移動術

複雑すぎ?でも信頼厚い「市民の足」

福岡市内や近郊を70の路線で結び、道路を席巻する西鉄バス。駐車中も壮観(撮影:尾形文繁)

通勤ラッシュ時に福岡市中心部の道路状況はどうなっているか。例えば主要なバス停「天神北」付近の道路状況を文字で表すとこんな感じだ。

←バス バス バス バス バス バス

←車 バス 車 バス 車  車

←バス 車 バス 車  車

10台近いバスが数珠つなぎになり、車の前後左右をバスで囲まれる――。そんな光景に驚く転勤者は多いだろう。

博多人形やホークスと並ぶ“福岡ブランド”

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

福岡県内を走る路線バスの大半を運行するのは西日本鉄道。保有する「西鉄バス」は1828台(2014年度末)に上り、2010年に神奈川中央交通に抜かれるまで、33年連続日本一を誇っていた。関連会社を含む「西鉄グループ」が有する2836台は、今も国内最多だ。

あまりに数が多いため、渋滞の一因だと指摘する声もあるが、一方で市内や近郊を70の路線で結び、創業100年を超す「市民の足」に寄せる信頼は厚い。

日本テレビのバラエティ番組「秘密のケンミンSHOW」(2013年放送)でも、博多人形やソフトバンクホークスなどと並ぶ“福岡ブランド”として紹介されたほどだ。

ワインレッドの横しま模様のデザインから、地元やバスマニアの間では「赤バス」とも呼ばれて親しまれている。

次ページ18もある「天神」…乗り分けるコツは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT