スズキ「スペーシア」で反撃

「広さ」が売りの軽ワゴン、ダイハツ、ホンダ追う

軽自動車大手のスズキは2月、新型軽自動車「スペーシア」を3月15日から販売すると発表した。スペーシアは車高を1.7メートル以上と高くして車内空間を広く取ったタイプの軽ワゴン車。もともとは「パレット」で展開していた車種の後継モデルという位置づけだ。

「タント」や「N BOX」の後塵拝する

パレットはこのカテゴリの草分けで根強い人気を誇るダイハツ「タント」や、最後発ながら大ヒットを続けるホンダ「N BOX(エヌボックス)」の前に苦戦していた。モデルチェンジを機に車名も変更し、追撃に臨む。

このクラスの最大のセールスポイントは何と言っても車内空間の広さ。その広さを印象づけるために「スペーシア」というブランドが採用された。

開発を担当した熊谷義彦・四輪技術本部第一カーライン長は、「パレット購入者の間では満足度も高いが、競合車種と並べて比較した場合に、外観なども含めて広さ感が劣っていた」と競合に後れを取っていた要因を分析する。今回は、ホイールベース(前後の車輪間隔)を伸ばしてクラス最長の室内長を確保したほか、左右ピラー(窓柱)の上部間隔も広げた。さらに、ダッシュボードの高さを下げるとともに、手前への張り出しも減らして、車内空間の広さを追求した。

次ページターゲットは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT