スズキ「スペーシア」で反撃

「広さ」が売りの軽ワゴン、ダイハツ、ホンダ追う

軽自動車大手のスズキは2月、新型軽自動車「スペーシア」を3月15日から販売すると発表した。スペーシアは車高を1.7メートル以上と高くして車内空間を広く取ったタイプの軽ワゴン車。もともとは「パレット」で展開していた車種の後継モデルという位置づけだ。

「タント」や「N BOX」の後塵拝する

パレットはこのカテゴリの草分けで根強い人気を誇るダイハツ「タント」や、最後発ながら大ヒットを続けるホンダ「N BOX(エヌボックス)」の前に苦戦していた。モデルチェンジを機に車名も変更し、追撃に臨む。

このクラスの最大のセールスポイントは何と言っても車内空間の広さ。その広さを印象づけるために「スペーシア」というブランドが採用された。

開発を担当した熊谷義彦・四輪技術本部第一カーライン長は、「パレット購入者の間では満足度も高いが、競合車種と並べて比較した場合に、外観なども含めて広さ感が劣っていた」と競合に後れを取っていた要因を分析する。今回は、ホイールベース(前後の車輪間隔)を伸ばしてクラス最長の室内長を確保したほか、左右ピラー(窓柱)の上部間隔も広げた。さらに、ダッシュボードの高さを下げるとともに、手前への張り出しも減らして、車内空間の広さを追求した。

次ページターゲットは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。