北朝鮮が“ネット鎖国”を解禁?

外国人訪問者に、突如ケータイ使用を許可

「隠遁の国」からじわりと抜け出そうとしているのか。北朝鮮のネット環境に変化が見え始めた。

一つは、観光や商用などで北朝鮮に入国する外国人は、国際空港の平壌・順安空港でSIMカードを購入、滞在中は自分の携帯端末で通話ができるようになった。AP通信が平壌発で伝えている。

空港でSIMカードが購入可能に

このサービスは、北朝鮮国内で携帯電話事業を行う、エジプトのオラスコムと北朝鮮逓信省との合弁会社「高麗リンク」が行うものだ。つい最近まで、外国人が持ち込む携帯電話は空港で強制的に保管され、出国時に戻されるのが普通だったが、突然の規制緩和が実施されたようだ。

高麗リンクの通信網は3Gで、空港で所定の申請用紙に記入すれば、50ユーロ(約6100円)でSIMカードを購入できる。通話は1分0.38~1.43ユーロ(約46~173円)。すでに空港内には「外国人向け携帯電話サービス」と表示したポスターが貼られ、訪問客は購入して自分の携帯端末を利用しているようだ。ただ、北朝鮮国内の通話はできず、あくまでも北朝鮮から外国への通話のみのようだ。ただし、韓国へは通話できない。 

次ページ外国人向けサービスがさらに広がる!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT