北朝鮮が“ネット鎖国”を解禁?

外国人訪問者に、突如ケータイ使用を許可

「隠遁の国」からじわりと抜け出そうとしているのか。北朝鮮のネット環境に変化が見え始めた。

一つは、観光や商用などで北朝鮮に入国する外国人は、国際空港の平壌・順安空港でSIMカードを購入、滞在中は自分の携帯端末で通話ができるようになった。AP通信が平壌発で伝えている。

空港でSIMカードが購入可能に

このサービスは、北朝鮮国内で携帯電話事業を行う、エジプトのオラスコムと北朝鮮逓信省との合弁会社「高麗リンク」が行うものだ。つい最近まで、外国人が持ち込む携帯電話は空港で強制的に保管され、出国時に戻されるのが普通だったが、突然の規制緩和が実施されたようだ。

高麗リンクの通信網は3Gで、空港で所定の申請用紙に記入すれば、50ユーロ(約6100円)でSIMカードを購入できる。通話は1分0.38~1.43ユーロ(約46~173円)。すでに空港内には「外国人向け携帯電話サービス」と表示したポスターが貼られ、訪問客は購入して自分の携帯端末を利用しているようだ。ただ、北朝鮮国内の通話はできず、あくまでも北朝鮮から外国への通話のみのようだ。ただし、韓国へは通話できない。 

次ページ外国人向けサービスがさらに広がる!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。