おそ松さんファン熱狂!「さが松り」の正体

松つながりで「虹の松原」の唐津市が舞台

さが松りのオープニングセレモニー。全国から集まった650人の「おそ松さん」ファンに、「シェー」のポーズで応える着ぐるみの六つ子と山口祥義・佐賀県知事

佐賀県が若者に人気のギャグアニメ「おそ松さん」とコラボレーションした「さが松り」が25日、開幕した。松つながりで虹の松原のある唐津市が舞台。スタンプラリーや地元グルメとのコラボメニューなどを目当てに、初日から大勢のファンが全国から詰め掛けた。8月28日まで。

アニメは赤塚不二夫原作のギャグ漫画「おそ松くん」をリメークした現代版。松野家の六つ子は20代前半の大人に成長し、全員無職という設定。6人の個性的な性格などが受け、ブームになっている。

唐津駅には続々とファンが降り立ち…

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

JR唐津駅前のふるさと会館アルピノであったオープニングセレモニーには、若い女性を中心に約650人が集まった。着ぐるみの六つ子と山口祥義知事が登場すると、「キャアー」と熱烈な声援が起きていた。

その後も続々と唐津駅にはファンが降り立ち、静岡県から友人と来た会社員の小島勇子さん(30)は「佐賀県は初めて。九州は地震があったから、お土産とかを買って手助けになれば」と話し、スタンプラリーを楽しみにしていた。

六つ子のオリジナルイラストを描いたパネルを2コースに設けたスタンプラリーが始まり、ラッピングバスも登場した。おそ松さんをパッケージにデザインした松原おこしや松露饅頭、Tシャツなどを扱う京町商店街内のコラボグッズ販売店は人気で、午前8時に400人に整理券を配った。市内6カ所の飲食店ではコラボメニューも提供する。

佐賀新聞LIVEの関連記事
東京で佐賀の酒、泥に漬かって味わおう!
佐賀最高!ご当地“ガチャ”県庁来賓室に
佐賀・呼子×「スプラトゥーン」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT