ジョブズ2世、スマホで決済革命に挑む

わずか2センチの端末が決済を変える

ドーシーがスクエアを立ち上げたのは2009年。きっかけは友人のガラス職人、ジム・マッケルビーからの一本の電話だった。「ジムの作品を買いたいという相手がカードしか持っておらず、決済できないがために販売機会を逃したと愚痴っていた。そのとき互いにアイフォーンで話していて、ひょっとしたらこれで何かできるんじゃないか、という話になったんだ」。

工作ショップ生まれの 無料カードリーダー

プログラマーでもあるドーシーは、さっそく決済ソフトウエアの開発を試みるが、これが簡単にはいかない。そこで、「ハードウエアの知識もないのにできるわけがない」と消極的だったドーシーを尻目に、マッケルビーはサンフランシスコの工作スペースに通い始める。専用端末の試作に取り組むためだ。そこで助けを借りながら徐々に腕を上げ、1カ月もすると試作品を完成させた。

新規参入のスクエアが事業を軌道に乗せるためには、「とにかく決済のボリュームを膨らませることが必須だった」。そこで同社はリーダーを無料で提供、カード利用の手数料も利用額の2.75%(または月額275ドルで使い放題)と、最大約5%程度徴収するほかのシステムより安く抑えた。

リーダーを無料にして手数料を抑えるには、スクエア側の初期投資を含む開発、生産費用を安価にとどめる必要があった。かつてなら素人がハードを手掛けるには大きな費用が必要だっただろう。が、スクエアではマッケルビーが工作スペースで素早く試作。当初の量産は中国・深せんのPCHインターナショナルが担当し、低コストでビジネスを立ち上げることができた。

次ページ広がるサービスメニュー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT