ジョブズ2世、スマホで決済革命に挑む

わずか2センチの端末が決済を変える

今後は日本含むアジア展開も

同社のサービスメニューは広がっている。店舗がレジとして使用できるタブレット端末向けのアプリ「スクエア・レジスター」はそのひとつ。昨年開始した「スクエア・ウォレット」も画期的だ。

専用アプリをダウンロードした顧客がスクエア導入店舗に行くと、店側のソフトが即座に顧客の名前や顔、購入履歴などを表示。顧客が支払いボタンを押し、店側が本人を確認して承認するだけで、あらかじめ登録済みのカードで決済が行われる。2012年11月にはスターバックスが約7000店舗で同サービスの導入を発表。「今後は中小店舗だけでなく、大手流通企業との契約も増えるはずだ」。

ドーシーが目指すのは、単にカード利用を増やすことではない。「新しい技術により、人々に新しい体験をもたらす」ことだ。「スクエアの参入でこれまで手つかずだった層をカード決済に取り込めるようになり、決済業界は変わり始めている。この業界の問題を解決するという目的意識を持って突き進んだ結果、スクエアという会社自体がムーブメントになっている」。

2013年半ば、スクエアは本社を移転する予定だ。サービスの急拡大に伴って、現在450人の社員が年末には1000人まで膨らむと見込んでのことだ。12年11月にはカナダでもサービスを開始、今後は日本、アジアを含め世界展開を視野に入れている。工作スペースがあったからこそ実現したベンチャービジネスの快進撃はこれから本格化する。

(週刊東洋経済2013年1月12日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT