電気自動車は、ニッチ化? 大化け?

イメージ先行で販売伸び悩み

急ピッチで充電インフラ整備を加速

2010年12月に、世界初の本格的な乗用量産EVとして登場したリーフ。エンジン自動車に代わるEV時代の幕開けとして期待されたものの、この2年の販売は低調だ。

累計販売台数は、12年末までに国内で2・1万台、全世界で4・9万台にとどまる。この普及ペースは、日産が公表する生産能力に対しては、ほぼ半分のペースだ。

リーフなど環境対応車事業を統括する渡部英朗・執行役員は「(異例な時期での)価格改定はEVをニッチ市場にとどめるつもりはない、という意志の表れ」と強調する。

マイナーチェンジでは車体を80キログラム軽量化、モーター改良やブレーキ時の電力回収を強化するなど、満充電での航続距離を14%伸ばし、カタログ上228キロメートルとした。

また、カタログ数値には反映されないが、暖房利用時の電力消費を抑えるためヒートポンプを採用し、実用上の航続距離も延長させている。

航続距離の短さを補うため、全力で取り組んでいるのが充電インフラの整備だ。現在、急速充電器は全国で1400カ所程度しかなく、出先での“電欠”不安が、EV普及の重い足かせになっている。日産は、販売店への急速充電器の設置を進め、リーフ投入当初200店だったものを、現在700店にまで拡大し、さらに急ピッチで整備中だ。

次ページ補助金拡大に期待
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。