電気自動車は、ニッチ化? 大化け?

イメージ先行で販売伸び悩み

ホンダの4輪技術開発を担当する新井康久・本田技術研究所取締役専務執行役員は「一般乗用車として見た場合、EVは航続距離が圧倒的に厳しい。EVはどのような商品を作るのがふさわしいか、メーカーも、利用者も手探り」と分析する。

ホンダが、相対的に可能性があるEVと見なしているのが、短距離専用で2人乗り程度の超小型車だ。昨年発表したプロトタイプの超小型EVは、用途に合わせてボディタイプを簡単に交換できるように設計、子どもの送迎や高齢者の移動、宅配など、多彩な用途を想定する。

トヨタも、傘下のトヨタ車体がすでに超小型EV「コムス」を市販化しているほか、本体でも開発を進めている。日産もルノー製の超小型EVを導入し、横浜で実証実験を手掛けているところだ。

超小型車は、国土交通省がEV普及を目的に新規格を策定するなど、政策上のフォローもある。

次ページ本命は燃料電池車
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。