電気自動車は、ニッチ化? 大化け?

イメージ先行で販売伸び悩み

ホンダの4輪技術開発を担当する新井康久・本田技術研究所取締役専務執行役員は「一般乗用車として見た場合、EVは航続距離が圧倒的に厳しい。EVはどのような商品を作るのがふさわしいか、メーカーも、利用者も手探り」と分析する。

ホンダが、相対的に可能性があるEVと見なしているのが、短距離専用で2人乗り程度の超小型車だ。昨年発表したプロトタイプの超小型EVは、用途に合わせてボディタイプを簡単に交換できるように設計、子どもの送迎や高齢者の移動、宅配など、多彩な用途を想定する。

トヨタも、傘下のトヨタ車体がすでに超小型EV「コムス」を市販化しているほか、本体でも開発を進めている。日産もルノー製の超小型EVを導入し、横浜で実証実験を手掛けているところだ。

超小型車は、国土交通省がEV普及を目的に新規格を策定するなど、政策上のフォローもある。

次ページ本命は燃料電池車
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。