電気自動車は、ニッチ化? 大化け?

イメージ先行で販売伸び悩み

日産以外は手探り状態 超小型車に活路か

日産がEV普及に向けて奮闘する中、他社は本格的なEVに対しては、距離を置き始めている。

日産に先駆けて、10年4月から個人向け乗用軽EV「アイ・ミーブ」を投入した三菱自動車。11年には軽バンEV「ミニキャブ・ミーブ」を投入しているものの、12年までの世界累計販売台数はわずか2万3000台程度にとどまる。13年に入り軽トラックEVの販売も開始したが、一般市場向けに積極的にEVを展開する姿勢は見られない。

むしろ、プラグインハイブリッド車(PHV)やハイブリッド車(HV)の車種展開を強化しており、EVはそれらの技術基盤的な位置づけとなってきている。

トヨタ自動車、ホンダの大手2社も、電池やモーターなど電動化技術の開発には力を注いでいるものの、一般乗用EVには懐疑的な姿勢を強めている。

ホンダは、12年から「フィット」のEVを内外で販売しているが、いずれも少数のリース販売にとどめ通常販売はしていない。トヨタに至っては12年に小型EV「eQ」を発表したが、販売台数は100台程度、しかも一般販売はせず、EVには見切りをつけた格好だ。

次ページホンダの超小型車
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。