クリントン氏、ケーン上院議員を副大統領候補に TPP支持

ティム・ケイン上院議員が最有力候補に浮上

 7月22日、米大統領選で民主党候補に指名されるヒラリー・クリントン前国務長官は、副大統領候補にティム・ケーン上院議員(バージニア州選出)を指名した。写真はクリントン氏とケーン上院議員。バージニア州で14日撮影(2016年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン/タンパ(米フロリダ州) 22日 ロイター] - 米大統領選で民主党候補に指名されるヒラリー・クリントン前国務長官は22日、副大統領候補にティム・ケーン上院議員(バージニア州選出)を指名した。

ケーン氏(58)はリッチモンド市長、バージニア州知事を務めた後、上院議員となった。スペイン語が堪能で、無党派層や穏健派の支持を集める可能性がある一方、環太平洋連携協定(TPP)を支持していることからリベラル派からは反発する声が出ている。

クリントン氏は来週の民主党大会で正式に大統領候補となる。

*内容を追加しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT