クリントン氏、ケーン上院議員を副大統領候補に TPP支持

ティム・ケイン上院議員が最有力候補に浮上

 7月22日、米大統領選で民主党候補に指名されるヒラリー・クリントン前国務長官は、副大統領候補にティム・ケーン上院議員(バージニア州選出)を指名した。写真はクリントン氏とケーン上院議員。バージニア州で14日撮影(2016年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン/タンパ(米フロリダ州) 22日 ロイター] - 米大統領選で民主党候補に指名されるヒラリー・クリントン前国務長官は22日、副大統領候補にティム・ケーン上院議員(バージニア州選出)を指名した。

ケーン氏(58)はリッチモンド市長、バージニア州知事を務めた後、上院議員となった。スペイン語が堪能で、無党派層や穏健派の支持を集める可能性がある一方、環太平洋連携協定(TPP)を支持していることからリベラル派からは反発する声が出ている。

クリントン氏は来週の民主党大会で正式に大統領候補となる。

*内容を追加しました。

関連記事
トピックボードAD
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 激震!トヨタ×ソフトバンク
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。