クリントン氏、ケーン上院議員を副大統領候補に TPP支持

ティム・ケイン上院議員が最有力候補に浮上

 7月22日、米大統領選で民主党候補に指名されるヒラリー・クリントン前国務長官は、副大統領候補にティム・ケーン上院議員(バージニア州選出)を指名した。写真はクリントン氏とケーン上院議員。バージニア州で14日撮影(2016年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン/タンパ(米フロリダ州) 22日 ロイター] - 米大統領選で民主党候補に指名されるヒラリー・クリントン前国務長官は22日、副大統領候補にティム・ケーン上院議員(バージニア州選出)を指名した。

ケーン氏(58)はリッチモンド市長、バージニア州知事を務めた後、上院議員となった。スペイン語が堪能で、無党派層や穏健派の支持を集める可能性がある一方、環太平洋連携協定(TPP)を支持していることからリベラル派からは反発する声が出ている。

クリントン氏は来週の民主党大会で正式に大統領候補となる。

*内容を追加しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。