ケヴィン・ケリー、「人工知能の未来」を語る

人に残される仕事とはいったい何なのか?

――全編にわたってグーグルやフェイスブック、アマゾンといった企業の名が何度も出てきますが、将来的にもこうした企業がハイテク業界をリードしていくのでしょうか。

30年後にそれはありえない。ネットの世界でも、ある製品やサービスが広がるにつれ、ユーザーへの魅力度が増し、さらにユーザーが増えるというネットワーク効果(ユーザーの拡大に伴って、製品やサービスの効用や価値が向上する)が発生し、勝ち組が一気に成長するということは起きる。

しかし、かつてのマイクロソフトのように勝者がモノやサービスの価格を釣り上げることはできず、デジタル世界では価格は限りなく無料に近いレベルに下がっていく。同時にこうした勝ち組のプラットフォームを利用する周辺企業が潤うエコシステムも構築される。ところが、こうしたデジタルモノポリストは非常に短命で、成長スピードも著しく速いが、廃れるのもあっという間だ。

グーグルより巨大な企業が出てくる

かつてマイクロソフトはモノポリストだったが、グーグルに取って代わられた。そのグーグルにも今やフェイスブックというライバルがいる。グーグルやマイクロソフト、アマゾンやIBMがなくなることはないだろうが、グーグルが30年後も業界のリーダーであり続けるとは思わない。今後はVRが非常に巨大なプラットフォームになるだろう。VR企業が集められるデータの数も膨大で、今後はこの分野の企業が台頭してくるのではないか。

なぜ多くの投資家たちがマジックリープのような企業に何十億ドルも投資するのか。それはハードウエアがすごいからではなく、VRというこれからすさまじい成長が見込まれるプラットフォームを構築していて、その上に新たなエコシステムが誕生すると考えているからだ。マジックリープがその主役になるかわからないが、グーグルより巨大な企業になる可能性を秘めている。

――AIをめぐっては、「シンギュラリティ(技術的特異点)」を恐れる向きがありますが、ケヴィンさんはこの考え方に否定的です。

シンギュラリティについては前著(『テクニウムーーテクノロジーはどこへ向かうのか』)で書いているので今回の著書ではあまり触れていないが、シンギュラリティにはソフトバージョンとハードバージョンがあると考えている。ハードバージョンはAI自身がよりスマートなAIを作れるようになり、それが繰り返されることでついに人間を超えるというものだ。この「超AI」は私たちが直面しているすべての問題を解決できる「神」のような存在だ。

次ページAIが人を超えられない理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT