取り戻せ、やんちゃ魂!「バイマ」の挑戦

新世代リーダー 須田将啓、田中禎人

まさに、何でもありのショッピングサイト。それが、立ち上げ時のバイマだったようだ。それが、いまではモンクレールやシャネルといったファッションブランドが売れ筋となっている。

ファッション系へ寄せる

田中:「ぽつぽつ売れ出したのがアバクロだった。コンセプトが明確で何を売っているサイトか分かりやすくなり、集客もしやすい。それで一気にラインナップをアバクロをはじめとしたファッション系に寄せたんです」

だがアバクロが当たったといえども、今のように会員数が100万人になるにはブレイクスルーが必要だ。そのきっかけは、何だったのだろう。

須田:「どこかで一気にブレークしたという感じではなくて。ひたすらやってきたことが結果につながった印象。きっかけというものは特にないんですよ。ただ、われわれの強みを認識して、そこはぶらさないで、磨き続けてきたというのがよかったと思います」

ファッションに特化した検索広告なども効果をあげたようだが、バイマの強みをひたすら磨いてきたというのだ。

須田:「強みというのは、バイヤーが何でも出せること。CtoCだからこそ、品ぞろえがどこよりも豊富になり、旬なモノが並ぶ。そのため、我々が間に入らないで回るようにオペレーションを組んだり、できるだけバイヤーから現地の商品やブランド情報を集めてやっていこうとしました。そしてリスティング広告やSEO対策に注力しました。ブランドの商品ページ数が増加し、検索エンジンで上位表示される仕組み作りにも力を入れました」

次ページ「こいつらを面倒見てろう」大株主ソネットの支援
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。