取り戻せ、やんちゃ魂!「バイマ」の挑戦

新世代リーダー 須田将啓、田中禎人

ソーシャルショッピングサイト「BUYMA(バイマ)」。サイト上での売買が膨らんでいる

バイヤーの品揃えが売れるいいものになるように情報を出し、啓蒙する努力も続けてきた。欲しいのは、日本では買えないブランドだ。

須田「日本に入ってるブランドよりは、まだ日本に入っていないけれど魅力的な世界中のブランド。そのほうがバイマの強みを活かせるし、そういうブランディングを行ってきた。雑誌やweb媒体などと協力関係を築いて露出してもらうことで、『最新の商品はバイマで買うことができる』と。結果としてバイマの露出が増えて買われる。すると、さらにバイヤーが出品をして品ぞろえが増える。露出やブランディングの部分でも、品揃えというバイマの強みを活かして、効率的に事業を拡大させていく。こうして、CtoCで行われるプラットフォーム型のソーシャルショッピングサイトを作ってきた」

バイヤーへの情報提供を続けてきたことが勝因といえそうだ。

「簡単には潰させない」大株主ソネットが支援

今も筆頭株主であるソネット(当時のソニーコミュケーションネットワーク)は、創業間もない2006年に6億円を出資している。黒字化するのが遠い段階での資本参加の決断だった。

須田:「ソネットさんは、結構いろいろなものを見て判断してくれたなあと思います。過去に多くの投資経験がある企業が、われわれの事業計画を見て、甘いなと思われたと思うんですよ。計画どおりにはいかないだろうと。でも、おそらくこのメンバーだったら、ちょっと苦労するけれども、どこかで持ち直すんじゃないか、結構深いところまで読んで投資してくれたのではと、いまになってみれば思いますね」

須田:「経営陣の人間性だとか、われわれのコミットメントの強さだとか。そういう部分も含めた、マネジメントチームをみて、思い切った投資をしてくれたと思います」

田中「育てようという意識が強かったと思います。もう少し、こいつらを育ててやろう、面倒みてあげようという印象です。潰れそうになっても、簡単には潰させないよ。2~3回は絶対救ってやるからという風にずっと言われてたんですよ。

それを聞くたびに、われわれの社外取締役にもなっていただいいている十時(裕樹)さん(現ソネットエンタテインメント代表取締役)の懐の広さ、男として、経営者としての格好よさというか。結局、潰れそうになったことはありませんでしたが、今も感謝の気持ちでいっぱいです」

次ページやんちゃであれ!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。