グリー、ゾゾタウンの正念場 有力ネット企業トップが語った「強気」と「弱気」(下)

印刷
A
A

グリーの田中社長、スタートトゥデイの前澤社長に対し、経営内容に安定感を持った発言をしたのが、GMOインターネットの熊谷社長とヤフーの川邊副社長だ。

GMOインターネットの熊谷社長は「従業員3000人規模になり、会社は成長すると『社会』になると感じている。だが、平均値に近づくと生き残れなくなってしまうので、他と違うことをやる、スピード、クオリティでナンバーワンにならなければダメ」と、同社が現在置かれている立場を解説した。

収益と社会性のバランスをどう取るか

自社の収益と社会性のバランスは、ネット系各社が抱える課題。GMOインターネットはレンタルサーバーを含むウェブインフラ事業などBtoBの事業が多いだけに、顧客との信頼構築がとりわけ欠かせない。が、「一般的になりすぎても成長は見込めない」(熊谷社長)。熊谷社長はそのバランスの取り方に違う意味での”壁”を感じているようだった。

ヤフーの川邊副社長は「どうやってヤフーの副社長に上り詰めたのか」というグリーの田中社長の質問に対し、「常に難しい課題に自ら着手すること」という持論を展開。自身の経歴の中で、ヤフーニュースから記事提供元の共同通信が抜けたときは自ら責任者となり、新聞社の人と飲み会含め、親交を深めた」というエピソードを紹介した。

グリーの田中社長(写真は12年9月の東京ゲームショウで)

ヤフーは井上雅博前社長時代から「周囲との距離の取り方が上手い」と評され、川邊氏も大きな役割を果たしてきた。昨年11月8日にグリーとスマホ分野の業務提携を結んだ際も、翌日にディー・エヌ・エー(DeNA)とも同様の提携を発表している。これはDeNA側からヤフーに強い要望があり、川邊氏を中心に話をまとめたとされている。

19年までに営業利益倍増(約3300億円)を公約するヤフーだが、今後自社の利益と顧客や周囲との関係性をいかにかじ取りするか、業界の発展に大きな影響を与えるだろう。

次ページソーシャルゲームは健全化に課題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT