グリー、ゾゾタウンの正念場 有力ネット企業トップが語った「強気」と「弱気」(下)

印刷
A
A

企業の収益追求と社会性のバランスという点では、13年もネット業界は引き続きソーシャルゲームの健全化が重要なテーマとなりそうだ。

「モバイルソーシャルゲームの世界覇者となるために必要なことは何か?」というテーマの別のセッションにて、DeNAの小林賢治取締役(=写真中央=)は、以下のようにコメントした。

「ソーシャルゲームはユーザーに安心に使ってもらうことで、デベロッパー(制作会社)、クリエイター(制作者)に投資余力が生まれる稀有なエコシステムを生んだ。他のエンターテイメントのコンテンツがなしえなかったことであり、スタジオが高い権利を有するハリウッドと同じ構図だ」

「ソーシャルゲームが誕生してから数年で4000億~5000億円の市場規模に育ったことは、人類史上初の快挙と言える」

未成年への課金など、論点残す

確かにソーシャルゲーム業界の成長ぶりは目覚ましい。ただし、起点となる「ユーザーに安心に使ってもらうこと」という点では、努力余地が多い。グリーは未成年への超過課金が問題となったが、そもそも業界として未成年への課金を認めるべきか、認める際の利用時間を制限すべきかなど、論点が残されている。

リアル・マネー・トレードと呼ばれるゲーム上のアイテムの金銭売買もヤフーオークションなどを通じ頻繁に行われており、成年も含めた健全化がなお求められている。

現在急成長を遂げている、LINEをはじめとしたメッセンジャーサービスも対岸の火事ではない。未成年出会い系の温床とも指摘されており、対応を怠れば失速する可能性もある。

急成長を果たしたゆえにネット経営者の「強気」と「弱気」が漏れたIVS。次回は5月に開かれる。ネット業界の健全化について、もう一段踏みこんだ議論が行われることを期待したい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT