アンドロイド系アプリは危険がいっぱい

スマホで不正アクセスが急増

安全なアプリの選び方

いまのところ、「アイフォーン、ウィンドウズはおおむね大丈夫」と加賀谷伸一郎氏(独立行政法人情報処理推進機構技術本部セキュリティセンター情報セキュリティ技術ラボラトリー調査役)は言う。配布するアプリのチェックが厳しく、アイフォーンならAppストア、ウィンドウズならウィンストアからしかダウンロードできない。ウィンドウズ8ではフリーソフトも使えるようになってはいるが、基本的には公式アプリが推奨されている。チェックは基本的に人の目で行われているとみられ、たとえば、「占いアプリ」に住所やメールアドレス、パスワードの記入など、必要のないプロセスがあればはじかれる。

問題は、アップルのiOSとシェアを2分するグーグルのアンドロイドだ。OS自体が公開されており、アプリの開発が自由にできる。自作のアプリを配布することも可能だ。配布に当たってのチェック機能も、ウィルスであるか否かのチェック程度で、あきらかにウィルスと認定されるものでなければチェックできないため、「不正なアプリ」が容易にすり抜けることができるという。アンドロイドの場合、キャリアの公式アプリの定番であれば比較的無難といえそうだ。

アプリばかりではない。もっと基本的な動作のリスクも高い。おサイフ機能がついているスマホをセルフ飲食店の席取りやレストランでテーブルに置いたままトイレに立つなど、不用意な行動がまだまだ目につく。最低限、ロックをかけておく。ウィルス対策ソフトは必須、盗難・紛失対策機能がついているものを選ぶ。「スマホはパソコンと同じ。ユーザー自らの自衛意識を高める必要がある」と加賀谷氏は警告している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT