スマホを狙う不正アプリ、1年で300倍に

トレンドマイクロが警告

情報セキュリティソフトで国内首位、世界3位のトレンドマイクロは1月10日、2012年度の「インターネット脅威年間レポート」を発表。日本国内で、11年12月には1000件に過ぎなかったスマホ向けの不正アプリ数が、12年12月には300倍以上となる35万件に達したことを明らかにした。

また、従来から多かったゲームやアダルトコンテンツの不正アプリに加え、「電池を長持ちさせる」など実用性をアピールする不正アプリが12年の後半から増えている点などを指摘した。

同レポートは、トレンドマイクロが01年から毎月まとめているもの。12年度版については昨年12月21日に、12月15日分までを集計した速報を出していたが、今回発表されたのは、その最終版となる。

普及進むスマホがターゲットに

アンドロイド端末向けの不正アプリは、10年8月に確認されてから増加傾向が続き、11年12月は約1000件になっていたが、12年の夏場から急増。7月に4.1万、8月に15.6万、9月17.5万、10月20.2万、そして11月には31.4万に膨らんでいた。12月時点の不正アプリ数は35万件にもなっている。

次ページスマホで太陽光発電かたるアプリも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。