ネット犯罪の被害者は1日150万人

FBI捜査官が明かすサイバー犯罪のいま(下)

(上)に引き続いて、12月14日にシマンテックの主催で開かれたパネルディスカッション参加者の発言を通して、サイバー犯罪の実態を紹介していこう。

まず、コンピュータ内のシステムなどを使用不能にして、その復旧のために金銭を要求するマルウェアであるランサムウェアについてはどうだろうか。

オッス氏が説明する。

被害者の「負い目」につけこむ

「ヨーロッパでは1年から1年半ほど前からランサムウェアが少しずつ確認されている。マルウェアをダウンロードし、そしてデータがすべてロックされてしまう。そういった事象が確認されている。

そして、どこかのポイントで、不当なコンテンツをダウンロードしてしまったり、意図せず悪意あるコンテンツにアクセスしてしまったり、何か金銭的なペナルティを命じられる。とくに、自分が本来は一般的によくないとされるサイトをサーフィングしている際には、負い目があるので警察に行って事象を説明したくない。

しかも、被害は100ユーロ程度で、それほど大きくないため、犯罪者によっては、それでうまくいったわけです。1つのグループがその手口を使い始めたのですが、その後、徐々にランサムウェアということで、ほかの警察のロゴを使ったり、ほかの国のグループを装ったりというカタチで増えていき、1年半ほどでヨーロッパのほとんどの国が影響を受け、その後、オーストラリアやアメリカへと拡大しました。

これまで犯罪者にとってよいビジネスモデルとして確立されているようだ。インターネットのユーザーとしては、誰にでも起こりうることを認識してもらいたいが、決してやってはいけないことは、おカネを払うこと。これは絶対必要ありません」

次ページ個人情報はどう守る?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。