ゴルフ界に激震「テーラーメイドはどこへ」

トップブランドがなぜ売りに出されるのか

圧倒的な飛距離と正確さを誇るダスティン・ジョンソン。全米オープンに続き、WGCブリヂストン招待でも強さを証明した(写真:AP/アフロ)

ダスティン・ジョンソンが6月16日~19日に開催された第116回全米オープンで悲願のメジャー初優勝を遂げた。2位に3打差をつけた堂々の圧勝であった。途中、ルール問題から最後の最後まで優勝スコアは確定しなかったが、最終18番2打目をピンそば1mにつけてバーディーとし、優勝を揺るぎないものに。世界ランキングも3位に上がり、これまで以上に注目される選手となった。

さらに、その翌々週(6月30日~7月3日)に行われたWGCブリヂストン招待でも、最終日に逆転勝利をもぎ取った。そのダスティン・ジョンソンのキャップ正面のロゴにあるのは、ギア契約先の「TaylorMade(テーラーメイド)」。ジェイソン・デイなど数多くの強豪プロと契約しており、ゴルファーにとってはなじみのあるブランドである。

全米オープン開催前の5月、ゴルフ用品界に衝撃が走った。5月4日、テーラーメイドの親会社であるアディダス本社(ドイツ)が、ゴルフ部門(テーラーメイド、アダムス、アシュワース)を売却するというステートメントを発表したからだ。イギリスのEU離脱の衝撃は世界経済に大きな影響を及ぼしているが、アディダス本社によるテーラーメイド売却も、ゴルフ界に衝撃を与え、今後のゴルフ用品ビジネスの先行きに不安感を感じさせるのに十分だった。なんといっても、あのテーラーメイドが売りに出されたのである。

革新的なギアを生み出してきた歴史

初代メタルドライバーとM2

テーラーメイドはゴルフ界に革新をもたらしたメーカーだ。ヘッド材料を木のパーシモンから金属へ変え、今日のチタンまでにつながる技術の道筋をつけたのは、ほかならぬ同社である。1979年にゲーリー・アダムスが創業。メタルドライバーを発明し、1980年にステンレス製のメタルドライバー「ピッツバーグパーシモン」を初めて世の中に送り出した。このときのヘッド体積は160㎤で、現在の通常のヘッドの1/3の大きさである。しかし、木を削っていたある意味工芸品の世界から、精度・品質を要求される工業用品の世界に大きくステップアップした。これ以降科学の目がゴルフクラブに入り、技術革新が急速に進み、ヘッド素材がカーボン、チタンへと革新されていく。

2004年には重心可変機能を備えた「R7」、2009年にロフト等の可変機能を備えた「R9」、2011年には新しい発想で白色の「R11」を出し、常に革新的なゴルフギアを生み出してきた。直近では「M1」「M2」がヒットしている。M1は全米オープンでダスティン・ジョンソンが使ったクラブ。2015年のテーラーメイドゴルフの売り上げは約500億円以上と推定され、ナンバーワンのクラブメーカーとなっている。それなのに売りに出されたのは、なぜなのか。

次ページ売りに出されている理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。