偏差値30台のヤンチャを甲子園児に育てる男

大人が高校生を指導する意味

 宮崎の話には、「目からうろこ」の考え方が数多くある。その斬新な発想や作戦は、高校野球の指導雑誌によく紹介されているが、手の内を明かすことで、相手に研究されるのは本望だという。

「僕みたいにずぼらな人間は、自分を追い込まんと行動しない。自分自身にあぐらをかいちゃうと、成長がない。手の内を明かしちゃったら、次のことを新たに考えないといけない。相手に研究されるということは、勝負できているということでしょ? 野球が楽しいのではなく、野球を介して勝負できるのが楽しい。駆け引きというかね」

監督が誰より楽しみながら指導する姿を見て、選手は心から笑うために努力する。監督が誰より考えているから、選手も負けじと脳を働かせる。そうしてチーム一体となり、戦う集団ができていく。

今も後悔しているシーン

北大津のプレーで、語りぐさになっているものがある。2010年夏の甲子園3回戦で成田高校と対戦し、4対5でリードされた8回裏の場面だ。無死1、2塁から4番の小谷太郎が打席に向かう。3ボール、ノーストライクになった後の4球目で、2人の走者がスタートを切ったのだ。北大津では3ボールになったら走者がスタートを切るという決まりがあるが、甲子園のスタンドには「何で走るんだ?」とどよめきが起こった。

結局、4番打者は4、5球目と続けてファウルになり、6球目でサードゴロに倒れた。続く5番打者がレフト前にタイムリー安打を放って同点としたものの、9回表に1点を勝ち越されて敗れた。

このシーンを、宮崎は今も後悔しているという。

「ノースリーになったら走る、ということへの後悔はありません。何に後悔したかと言うと、大会を通じて3番と5番がすごく当たっとったんです。4番もホームランを1本打っとったんですけど、本来の調子ではなくて。だから4番の子がバッターボックスに入るとき、『4番にお前がどしっと座って、ピッチャーが4番のお前を警戒しすぎているから、3番が打ちやすい。お前の打席が終わってホッとしたところで5番は回ってくるから、打ちやすい。お前は4番としてすごく役割を果たしているぞ』と一声かけておいたら、状況は違っていた。そのことに気づかずに、4番をそのまま打席に行かせた自分がミスやったなと、すごく悔やんでいる。それくらい細かく、一人ひとりの心の奥底を見抜いて、いろんな雑談や声かけをつねにするのが監督の仕事だと思います」

次ページ卒業するまでに、みんなちゃんとする
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。