アコーディア買収攻防、PGM“敗戦の弁"

TOB阻んだレノの参戦

まさかのどんでん返し――。

ゴルフ場2強の経営統合をめぐり、業界2位のPGMホールディングスが首位のアコーディア・ゴルフに仕掛けた敵対的TOB(株式公開買い付け)。その結末は、最後の土壇場になって「不成立」で終わった。

PGMは1月18日、昨年11月16日から1月17日までの期限で実施した、アコーディアに対するTOBの結果を発表した。

TOBへの応募総数は17万4580株で、発行済み株式総数に対する保有割合は17.0%相当。PGMが設定していた買い付け予定数の下限20万9224株(同20.0%)に達しなかったため、応募株数の全部を買い付けないこととなり、TOBは不発に終わった。

最後に「いろいろなこと」が起きた

18日夕方に記者団との会見に応じたPGMの神田有宏社長(写真は18日撮影)は、「TOBの勝負が決まるのは(期限直前の)最後の2~3日。そこでいろいろなことが起き、対応しきれなかった」と“敗戦の弁”を語った。

「いろいろなこと」とは、旧「村上ファンド」の流れをくむ投資会社のレノ(東京都港区)が突如アコーディアの大株主に浮上したこと。そして、アコーディアがレノの要望に応える形で「自己株式取得」を行う可能性を16日に発表したことだ。

次ページレノ参戦で一変
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。