アコーディア買収攻防、PGM“敗戦の弁"

TOB阻んだレノの参戦

まさかのどんでん返し――。

ゴルフ場2強の経営統合をめぐり、業界2位のPGMホールディングスが首位のアコーディア・ゴルフに仕掛けた敵対的TOB(株式公開買い付け)。その結末は、最後の土壇場になって「不成立」で終わった。

PGMは1月18日、昨年11月16日から1月17日までの期限で実施した、アコーディアに対するTOBの結果を発表した。

TOBへの応募総数は17万4580株で、発行済み株式総数に対する保有割合は17.0%相当。PGMが設定していた買い付け予定数の下限20万9224株(同20.0%)に達しなかったため、応募株数の全部を買い付けないこととなり、TOBは不発に終わった。

最後に「いろいろなこと」が起きた

18日夕方に記者団との会見に応じたPGMの神田有宏社長(写真は18日撮影)は、「TOBの勝負が決まるのは(期限直前の)最後の2~3日。そこでいろいろなことが起き、対応しきれなかった」と“敗戦の弁”を語った。

「いろいろなこと」とは、旧「村上ファンド」の流れをくむ投資会社のレノ(東京都港区)が突如アコーディアの大株主に浮上したこと。そして、アコーディアがレノの要望に応える形で「自己株式取得」を行う可能性を16日に発表したことだ。

次ページレノ参戦で一変
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT