小口利用者への電力販売独占状態を見直すべきですか?

東洋経済1000人意識調査

70.6%が見直すべきと回答

政府は、大手電力会社の独占状態にある小口利用者への販売の門戸を新規事業者にも広げようと考えている。電気料金引き下げが期待できる一方で、電力の安定供給の点で懸念も出てくるが、70.6%が現状の独占状態を見直すべきと答えた。

経済産業省は大手電力会社の独占状態にある小口利用者への販売の門戸を新規事業者にも広げ、地域独占を変えようとしています。

電気料金の引き下げが期待される一方、電力の安定供給の面で問題が出てくる可能性もあります。それでも地域独占を見直すべきでしょうか。

(編集部 =週刊東洋経済 2013年1月19日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。