小口利用者への電力販売独占状態を見直すべきですか?

東洋経済1000人意識調査

70.6%が見直すべきと回答

政府は、大手電力会社の独占状態にある小口利用者への販売の門戸を新規事業者にも広げようと考えている。電気料金引き下げが期待できる一方で、電力の安定供給の点で懸念も出てくるが、70.6%が現状の独占状態を見直すべきと答えた。

経済産業省は大手電力会社の独占状態にある小口利用者への販売の門戸を新規事業者にも広げ、地域独占を変えようとしています。

電気料金の引き下げが期待される一方、電力の安定供給の面で問題が出てくる可能性もあります。それでも地域独占を見直すべきでしょうか。

(編集部 =週刊東洋経済 2013年1月19日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT