小口利用者への電力販売独占状態を見直すべきですか?

東洋経済1000人意識調査

70.6%が見直すべきと回答

政府は、大手電力会社の独占状態にある小口利用者への販売の門戸を新規事業者にも広げようと考えている。電気料金引き下げが期待できる一方で、電力の安定供給の点で懸念も出てくるが、70.6%が現状の独占状態を見直すべきと答えた。

経済産業省は大手電力会社の独占状態にある小口利用者への販売の門戸を新規事業者にも広げ、地域独占を変えようとしています。

電気料金の引き下げが期待される一方、電力の安定供給の面で問題が出てくる可能性もあります。それでも地域独占を見直すべきでしょうか。

(編集部 =週刊東洋経済 2013年1月19日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。