小口利用者への電力販売独占状態を見直すべきですか?

東洋経済1000人意識調査

70.6%が見直すべきと回答

政府は、大手電力会社の独占状態にある小口利用者への販売の門戸を新規事業者にも広げようと考えている。電気料金引き下げが期待できる一方で、電力の安定供給の点で懸念も出てくるが、70.6%が現状の独占状態を見直すべきと答えた。

経済産業省は大手電力会社の独占状態にある小口利用者への販売の門戸を新規事業者にも広げ、地域独占を変えようとしています。

電気料金の引き下げが期待される一方、電力の安定供給の面で問題が出てくる可能性もあります。それでも地域独占を見直すべきでしょうか。

(編集部 =週刊東洋経済 2013年1月19日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。