デフレ脱却期待による円安で輸出は増えない

「異常な円高で輸出不振」はウソ

円高になるのは、日本の物価上昇率が低いため

以上の説明では、簡単化のために、日米の物価上昇率をゼロとした。問題の本質はこの仮定下でも完全に説明されているのだが、この数値例はあまり現実的でないと考えられるかもしれない。実際には、アメリカでは年率2%程度の物価上昇が続いているからである。

そこで、もう少し現実的に、次のように仮定しよう。物価上昇率は、日本でゼロ、アメリカでは年率2%。実質金利は、両国で年率1%。現在の為替レートは1ドル=80円。

この場合には、名目金利は日本で1%、アメリカで3%になるので、金利平価式によって、来年の為替レートは、現在より2%円高の78.4円になる。アメリカでは、自動車は2%値上がりして10.2万ドルになる。日本では依然として800万円だ。これをアメリカに輸出すると、10.2万ドルになる。

つまり、円高にはなるけれども、日本車の価格競争力が落ちるわけではないのだ。「円高が進むので、日本からの輸出がどんどん不利になる」と言っている人が多い。しかし、いまの数値例が明確に示すように、物価上昇率の差を反映して円高が進む限り、価格競争力に変化は生じないのである。

仮に1ドル=80円のままであれば、貿易が均衡しなくなってしまう。なぜなら、日本で800万円の車をアメリカに輸出すると10万ドルになり、10.2万ドルのアメリカ車より安くなってしまうからだ。日本車を10.1万ドルで売れば、アメリカ車を駆逐していくらでも売れる。しかも為替レートが78.4円の場合より、利益が0・1万ドル増える。

では、日本の物価上昇率が10%になると予想された場合にはどうなるか? フィッシャー方程式によって、日本の名目金利は11%となり、アメリカより8%高くなる。したがって、金利平価式によって、来年の為替レートは、いまより8%円安の86・4円になる。

ところが、1年後の自動車の価格は、日本で880万円、アメリカで10・2万ドルなので、日本車をアメリカに輸出すれば10.2万ドルになる。したがって、日本の輸出品の価格競争力が高まるわけではない。つまり、日本でインフレ予想が上昇すれば、円安になるにもかかわらず、日本からの輸出が増えたり、利益が増えたりはしないのだ。

いまの株価上昇が、「将来デフレ脱却できるから円安になり、それが輸出を増やす(あるいは輸出業者の利益を増やす)」という思惑によるのだとすれば、それは実現しない。

次ページ実質為替レートという考え方を理解しよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。