GMといすゞ、再び近づく距離

小型商用車の共同開発に乗り出すワケ

そこでパートナーとして浮かび上がったのが、環境技術に強みがあり、かつて資本提携を結ぶなど気心の知れたGMという構図だろう。

ただ、GMにのみ込まれることなく、「いすゞらしさ」を継承した次世代車を作り上げなければ、いすゞがこれまで築いてきた東南アジアでの地位は崩れてしまう。両社の強みを生かしながら、どのように融合させていくかが、次世代車成功のカギとなる。

資本提携の可能性、いすゞ社長は消極的

両社が資本提携まで再び踏み込む可能性はあるだろうか。いすゞは今2013年3月期の売上高を1兆6300億円(前期比16.4%増)、営業利益1260億円(同29.3%増)と見込むなど、足元の業績は好調だ。

2000年代前半の経営危機の時期とは異なり、財務状況も改善してきた。このような状況を踏まえ、いすゞの細井行社長は「協業拡大の余地はあるが、早急に資本提携に踏み切る理由がない」と度々述べており、GM-いすゞの資本提携関係が再び復活することには、慎重な姿勢だ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT