GMといすゞ、再び近づく距離

小型商用車の共同開発に乗り出すワケ

世界の自動車メーカー各社は、開発や生産面などでさまざまな提携・連携関係を築いている。「ヒト・モノ・カネといった経営資源を大きくすることこそが勝ち残りのカギ」という認識があったからだ。

だが、規模は上位メーカーに劣っても、独立独歩で地位を築いている日本のホンダや独BMWなどのような存在もある。11年9月には、スズキと独フォルクスワーゲンが経営哲学の違いを理由に提携を解消。必ずしも規模を追い求めない戦略を志向する動きもある。

一方、いすゞはトヨタ自動車と資本関係を築いているものの、明確な後ろ盾となるような存在の大手自動車メーカーはいない。ここに今回の共同開発のポイントがありそうだ。

エンジン技術だけでは環境対応に限界か

高効率なディーゼルエンジンの開発に強みを持ついすゞだが、燃費や排ガスなど今後の環境規制が厳しくなっていく中、エンジンの効率化だけでは対応にもおのずと限界がある。今後の自動車は、ハイブリッドや電気自動車(EV)などの電動技術や、新素材を使った車体の軽量化など、多くの要素を採り入れていかなければならない。巨大メーカーに比べて、研究開発力を含めた経営資源が乏しい、いすゞが単独で臨むのにはおのずと限界もある。

ライバルの日野自動車には「トヨタ自動車」という大きなバックアップが存在するが、いすゞを環境技術の面で支える企業は、実は見当たらない。トヨタとも資本関係にあるいすゞだが、リーマンショック以降、両社によるディーゼルエンジンの共同開発は凍結している。

次ページ再び資本提携はありうる?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT