キャメロン英首相、10月までに辞任する意向

保守党の年次会合までに新首相を選出すべき

 6月24日、英国のキャメロン首相は、国民投票でEU離脱が多数となったことを受け、10月までに辞任する意向を示した。首相官邸前で撮影(2016年 ロイター/Phil Noble)

[ロンドン 24日 ロイター] - 英国のキャメロン首相は、国民投票で欧州連合(EU)離脱が多数となったことを受け、10月までに辞任する意向を示した。

首相官邸前で記者団に対し述べた。

首相は、涙をこらえながら「わが国を次の目的地に導く船長役は、私にはふさわしくないと考えている」と発言。10月の保守党の年次会合までに新首相を選出すべきだとの認識を示した。

「安定期間を設けた上で、必要な新たなリーダーを選出することが国益にかなうと信じている」とも発言。「新しい首相が、いつEU脱退手続きを開始するかを決めるのが適切だ」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。