イギリス南東部で大雨被害、投票に影響も

鉄道網は混乱、洪水警報も発令

 6月23日、国民投票が行なわれている英南東部で洪水が発生した。写真は投票所となったロンドン西部のパブ付近で23日撮影(2016年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 23日 ロイター] - 欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票が行なわれている英国で23日、激しい雨に見舞われた南東部では洪水が発生し、各方面に影響が広がっている。

ロンドンの地下鉄や周辺の鉄道網では運航に支障が出たほか、ロンドン南西部の投票所2カ所が他の場所へ移動を余儀なくされた。

ロンドン消防局では、この日の大雨に関連し550件以上の通報があったという。

予報では、ロンドン、南東部で雷を伴った雨が午後から夜にかけて降り続くと見込まれている。洪水警報も発令された。

関連記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。