イギリス南東部で大雨被害、投票に影響も

鉄道網は混乱、洪水警報も発令

 6月23日、国民投票が行なわれている英南東部で洪水が発生した。写真は投票所となったロンドン西部のパブ付近で23日撮影(2016年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 23日 ロイター] - 欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票が行なわれている英国で23日、激しい雨に見舞われた南東部では洪水が発生し、各方面に影響が広がっている。

ロンドンの地下鉄や周辺の鉄道網では運航に支障が出たほか、ロンドン南西部の投票所2カ所が他の場所へ移動を余儀なくされた。

ロンドン消防局では、この日の大雨に関連し550件以上の通報があったという。

予報では、ロンドン、南東部で雷を伴った雨が午後から夜にかけて降り続くと見込まれている。洪水警報も発令された。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT