なぜ新聞は「紙」でないと儲からないのか?

ニューヨーク・タイムズの苦境(下)

デジタル事業で1ドル稼ぐとプリント事業で 27ドルを失う

デジタル版をいかに伸ばしても、プリント版の落ちはカバーできない。そう結論づけるリサーチも出されている。

調査会社のピューリサーチ・センターは、12年3月、「新聞社がデジタル事業で1ドル稼ごうとすると、代償としてプリント事業で7ドル失う」という調査結果を発表している。

また、メディア産業のコンサルタントのアラン・マター氏は、ウェブメディア『REFLECTIONS OF A NEWSOSAUR』の記事で、「新規のデジタル事業で1ドル稼ごうとすると、これまでのプリント事業で27ドルを失うことになる」という調査を発表している。

さらに、『ビジネスインサイダー』は、「この数字がなぜNYタイムズがジャーナリストをクビするのかを示している」というタイトルで、プリント版とデジタル版の収益構造について分析している。

この記事によると、NYT紙では、プリント版の読者1人につき、1年で平均650ドルの購読料(毎月50ドル強。日曜版を取るとそれ以上)と450ドルの広告収入が得られる。しかし、デジタル版だと1年の平均購読料は150ドルであり、広告収入は25ドルにしかならない。

出版・新聞 絶望未来』の中で、米国の新聞産業の苦境について詳しく説明している。

ということは、その差は全体で約8倍にもなる。広告だけでいうと、なんと18倍である。これでは、いくらデジタル版の有料購読者を増やしても焼け石に水ということになる。単純化して言うと、デジタル版だけで新聞を成立させるためには、たとえプリント版と同様に約100万人の有料購読者を獲得できたとしても、会社の規模を8分の1にしなければならないのだ。

やはり紙に立脚した新聞というメディアは、ビジネスとしてはもう終わったと見るべきなのだろうか? 「このままでは、プリント版のNYTはいずれなくなるだろう」という見方が、日ごとに現実になっていく。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。