米国の「銀行強盗」は平均40万円しか稼げない

でも成功率は意外と高い?統計でわかる真実

銀行強盗の平均収益とは? (写真: Lipik / PIXTA)
銀行強盗のニュースを見かけることがありますが、あまり成功率は高そうにありません。はたして、銀行強盗は割に合うのでしょうか。刑務所に入るリスクを冒して得られる「平均収益」と捕まる確率はどれくらいでしょうか。もしかすると成功しやすい日時なんていうのはあるのでしょうか。ここでは、意外な話題満載の『ヤバすぎる経済学』から、「銀行襲うならいつがいい?」を抜粋して掲載します。

不正や犯罪にはパターンがある

700万部のベストセラー『ヤバい経済学』シリーズの最新作! テロ、犯罪、戦争から家族や人生の問題、エロい話まで、いま激動の世界で起こっているすべてを解決する131話。好評2刷! 書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

最近、ニュージャージー州で6回も銀行に押し入った男の話を読んだ。この人、いつも木曜日に押し入るのだ。「特にこの曜日を選ぶ理由は明かされていない」と記事は書いている。

ひょっとすると、銀行の仕事のやり方について、何か知ってたのかもしれない。ひょっとすると、占い師に、あなたのラッキーな日は木曜日ですって言われたのかもしれない。ひょっとすると、スケジュールを見て、木曜日が都合がよかったのかもしれない。

なんにしても、ぼくはこの記事を読んで、最近アイオワ州に行ったときに聞いた話を思い出した。地元の銀行に勤めていた人で、バーニス・ガイガーって人の話だ。彼女は1961年に逮捕された。長年の間に200万ドルを超えるおカネを使い込んでいたのだ。たまたま、銀行の持ち主は彼女のお父さんだった。

伝わっている話によると、バーニスはとても気前のいい人で、盗んだおカネをたくさん寄付していたそうだ。彼女は逮捕され、同時に銀行は破産した。刑務所に送られたが5年で仮釈放され、両親の下へ戻った。親御さんたちはどうみても、許すタイプの人たちだったってことだろう。

次ページ銀行強盗が多いのは何曜日か
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。