コカ・コーラの製法を盗んだ元社員の「誤算」

ペプシが競合の極秘情報を買わなかった理由

ライバル社「コカ・コーラ」の秘伝の製法を買わなかった、ペプシの判断の理由とは?(撮影:尾形 文繁)
世界中で愛されているコカ・コーラ。あの独特の味のレシピは門外不出のトップ・シークレットで、社員でも限られた人しか知らないそうです。
さて、あなたがペプシの経営者だったとして、コカ・コーラの社員から「コカ・コーラの秘密のレシピ」を売りつけられたら、どうしますか? 実は、経済学的に考えると、ペプシがコカ・コーラの秘密のレシピを手に入れても、儲けることはできません。
ここでは、意外な話題満載の『ヤバすぎる経済学』から、「コカ・コーラの秘密のレシピが手に入るとしたら、ペプシはいくら出す?」を掲載します。

コカ・コーラの製法を盗んだ社員の誤算

700万部のベストセラー『ヤバい経済学』シリーズの最新作。テロ、犯罪、戦争から家族や人生の問題、エロい話まで、いま激動の世界で起こっているすべてを解決する131話。好評2刷!

2006年、コカ・コーラの不埒な社員数人が、企業秘密をペプシに売りつけようとして捕まった。ペプシはこの連中のことを通報し、おとり捜査に協力した。

ペプシの偉いさんたちはコカ・コーラを踏んづけて大儲けするチャンスをみすみす逃してでも、「正しいこと」をしようとしたんだろうか。

友だちで同僚のケヴィン・マーフィーが、それについて面白いことを言っていた。

彼によると、コークの秘密のレシピは、ペプシにとってほとんど何の価値もないという。それって本当だろうか?

彼の理屈はこうだ。

次ページコカ・コーラの秘密が、ペプシにとって無価値なワケ
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。