日経平均1万2000円奪回の期待も 大震災前の株価回復、大発会は292円高

拡大
縮小

昨年の年足は13年ぶりの高値引け、一段高も

売買代金1位、2位はオリエントコーポレーション、アイフルで上昇率はそれぞれ
23%、17%。中国の景気指標の改善を受けてファナックやコマツなども値を上げた。一方、昨年買われたエイチームやクスリのアオキなど小型株に売られる銘柄が目立った。

米国では現地時間の4日、12月の雇用統計が発表され、来週には8日のアルコアを皮切りに決算発表が本格化する。

東京市場ではテクニカル的には過熱感が高まっているものの、市場エネルギーで吸収できると見る向きも多い。昨年は終値ベースでの年初来高値を大納会に更新し、1999年以来、13年ぶりに年足での高値引けで終えた。基調は上昇トレンド入りした公算が高く、年内には日経平均で1万2000円程度への回復を予想する声が強まっている。

相場格言では、13年の巳年は「辰巳天井」と言われるとともに、「戌亥の借金、辰巳で返せ」と言われるように、駆け上がる年の2年目になりやすいとされる。

(写真は1月4日大引け後の東京・八重洲にて 撮影:尾形文繁)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT