自民党の「憲法改正草案」、今こそ読むべきだ

参議院選挙の公示にあわせて「解説書」が登場

右が、1947年に作成された「あたらしい憲法のはなし」。今回発売された改正草案の解説書は、どのような中身になっているのか?

6月22日、第24回参議院選挙が公示された。7月10日の投票日に向けて、18日間にわたる選挙戦がスタートする。安倍首相は在任中の憲法改正を悲願に掲げているが、街頭演説ではこの話題に積極的に触れることはないようだ。これまでは「改正する条文が定まっていない」ことを理由に争点化を避けていたが、ここへきて21日の記者クラブ主催の討論会では「争点化しないとは言っていない」と発言するなど、若干ブレが出てきている。

既に衆議院では与党勢力が3分の2を上回っており、今回の参議院選挙の結果次第では、憲法改正の発議は現実味を帯びてくるだろう。そして、自民党は、野党時代である2012年4月27日に発表した「日本国憲法改正草案」(以下、憲法改正草案)において、新憲法をどのような方向性にするか、既に道筋を示している。

70年前の社会科教科書が、形を変えて出現

しかし、憲法改正草案の条文だけを読んでも、人々は何が重要なポイントなのかを理解することはむずかしい。そこで、内容をより分かりやすく解説する、一冊のブックレットが発売された。それが、『あたらしい憲法草案のはなし』だ。

本書は、現行日本国憲法が制定された1947年に発行された「あたらしい憲法のはなし」のパロディとして作られている。 70年の時を経て、このような冊子が世に登場することになったのはなぜか。

次ページ自民党は既に3回選挙に勝っている
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。